スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ORAS】メガジュペッタで強力ロック!【ダブル パーティ】


こんにちは。閲覧ありがとうございます。ギギアルです。
今回は、いつものORAS新メガシリーズをお休みして、XYメガシンカ勢のパーティです!

まずはいつも通り主役の紹介、考察です。
354-megaevol_0.png
主役はズバリ、メガジュペッタだ!


【はじめに】

早速基本ステータスの紹介から。
種族値は64-165-75-93-83-75。
耐久面は余り高い数値とは言えませんが、こうげきは165とかなりの値ですね。
タイプはゴースト単体のまま。重要なのは特性「いたずらごころ」です。
豊富なものの微妙なすばやさによって活かしにくかった変化技たちを上手く活用できるようになります。
基本戦術としては、変化技で相手を乱しつつ、高いこうげきからの物理技で倒していくといった形です。

次に決めるべきは技構成ですね。まずは軸となる補助技を決め、その後空きスペースに攻撃技を加えます。
ここで、メガジュペッタの習得可能な変化技を、その利用法と合わせていくつか見てみましょう。
・「いやなおと」+味方のすばやい物理技
・「おにび」「でんじは」による相手ポケモンの抑制、味方の「こんじょう」発動
・「ちょうはつ」で相手の「おいかぜ」や「でんじは」を牽制
・「にほんばれ」「あまごい」を活かした天候パーティ
・「まもる」「みがわり」+「かなしばり」
・倒れる直前での「みちづれ」「いたみわけ」
・「なりきり」「じこあんじ」等を用いたコンボ

これを見ると、いかに多種多様な技を覚えるかが分かりますね。

今回のパーティでは、この中から上記の太字部分より、
「おにび」「まもる」「かなしばり」の3つを採用することとしました。
これらの採用理由としては、
・おにび:相手の物理ポケモンに対して幅広く効果があり、
味方の「こんじょう」による強化にも繋がる
汎用性、コンボ性の高さ
・まもる:「かなしばり」の為のみでなく、特性が変化しない初ターンでの安定行動にも繋がる
・かなしばり:「まもる」と共存させることで決めやすく、
メガシンカ前の特性「おみとおし」との相性の良い点(こだわり系の判断可)
が主に挙げられます。

さて、後は攻撃技だけなのですが…大きな問題が。
タイプ一致であるゴースト技は等倍範囲が広く、持ち前の火力が活きやすいと思っていました。
しかし、ゴースト物理技のレパートリーを見てガッカリ。
威力70の「シャドークロー」が最良と言えるほどで、他には先制技の「かげうち」程度。
これではせっかくのこうげきの魅力が半減です。なんとかならないものか…

加えて、せっかく決めた補助技にも少し不安な点が見つかります。
「かなしばり」は交代によって簡単に解除できてしまう為に、
読まれるリスクもある「まもる」を挟んでまで行うメリットが少ないのです。

これら2つの問題を考えていると、1つの答えが見えてきました。
それは…
576_0.png 
そう、ゴチルゼルです!
その理由は勿論、特性「かげふみ」にあります。
交代さえ封じてしまえば、相手は「かなしばり」を自力で解除することができません
更に、相手は「おにび」から物理ポケモンを逃がすことができず、こちらの耐久は相対的に上がります。
そして、これらの恩恵はゴチルゼルが場に残っている間続きます。
つまり、場持ちが良くなるということは、それだけ相手を長く苦しめることができるということです。
素晴らしい相性ですね!

肝心の攻撃面の問題も、この「かげふみ」によって改善されました。
普段では交代によって有利なタイプを後投げされてしまい、効果的でない「ゴーストダイブ」が、
交代を禁じることで、「まもる」を貫通する威力90の優秀な技になる
のです!
そして「まもる」を諦めた相手に対して、「くすぐる」を決めることができるのも魅力的な点です。
ぼうぎょが1段階下がってしまえば、メガジュペッタの攻撃を受けるのは容易ではありません。
しかも、メガジュペッタのすばやさの低さをカバーするかのように、「トリックルーム」を習得できるのです。
これほどまでにマッチした相方は、なかなかいないのではないでしょうか。

それでは、この2匹を軸としたパーティを紹介します。


【パーティ紹介】354-megaevol_4.png576_4.png534_4.png625_4.png210_4_20151002203953cda.png691_4.png

354-megaevol_0.png
ジュペッタ@ジュペッタナイト おみとおし→いたずらごころ
いじっぱり H252A252B4
171-183-86-x-83-85 → 171-238-96-x-103-95
ゴーストダイブ/おにび/かなしばり/まもる

今回の主役です。「くすぐる」+「ゴーストダイブ」で倒せる範囲を広げ
ギルガルド等を考えて攻撃的な配分にしました。
「おみとおし」で相手のこだわり系アイテムを見抜いた時は、安心して「かなしばり」が決められます。
シングルバトルと違い、「まもる」を普通に所持しているポケモンが多い為、読まれにくいのも良い点です。


576_0.png
ゴチルゼル@たべのこし かげふみ
なまいき H252B4D252
177-x-116-115-178-63
サイコキネシス/トリックルーム/くすぐる/まもる

至れり尽くせりのサポートをしてくれる、もう1人の主役です。
ゴーストタイプには交代を許すことを忘れないようにしましょう。
「サイコキネシス」の削りもいい仕事をしてくれますし、「まもる」も「かなしばり」「おにび」と好相性です。
物理耐久は「おにび」「くすぐる」でカバーできる為、
努力値はギルガルドやゲンガーを強く意識しての特殊耐久重視の配分です。


534_0.png
ローブシン@オボンのみ こんじょう
いじっぱり H212A244B4D44S4
207-210-116-x-91-66
ドレインパンチ/マッハパンチ/れいとうパンチ/まもる

「とつげきチョッキ」の型が多い気がしたので、敢えて「まもる」を取りました。
「オボンのみ」は耐久上昇にもなり、「おにび」での火力上昇時のHPの消耗もケアできます。
キリキザン、ジュペッタがいることを考えると「はたきおとす」は必要ないと思い、この構成です。


625_0.png
キリキザン@いのちのたま まけんき
ゆうかん H228A252D28
169-194-120-x-94-67
ふいうち/はたきおとす/アイアンヘッド/まもる

非常にベーシックな「トリックルーム」軸のキリキザンです。
ジュペッタとローブシンのメインアタッカーが物理で固まっている状況で、「いかく」を誘います
ニンフィアにも強く動ける等、文句なしの強さです。


210_0_20151002203952e70.png
グランブル@たつじんのおび いかく
ゆうかん H204A252B52
191-189-102-x-80-45
じゃれつく/インファイト/れいとうパンチ/まもる

メジャーであるメガガルーラ、霊獣ランドロス、メガボーマンダ等に対して強く、「いかく」を所持しています。
「トリックルーム」下では動きやすく、かくとう、ドラゴン技の一貫を防ぐことができます。
上記の相手に対して十分な火力を発揮するために「たつじんのおび」を持たせています。


691_0.png
ドラミドロ@こだわりメガネ てきおうりょく
れいせい H252B4C252
172-x-111-163-143-44
りゅうせいぐん/りゅうのはどう/ヘドロばくだん/きあいだま

特殊メインアタッカーとして採用しました。ドラゴンタイプながら、フェアリー技が等倍なのが素晴らしいです。
ニンフィアに対しても圧力をかけられ、ドラゴン技の一貫している場面では確実に仕事ができます。
「きあいだま」はヒードランに対してのワンチャンスを考えての採用です。


【まとめ、使用感】

「トリックルーム」パーティとして、メガジュペッタを中心に上手くまとめることができたと思います。
やはりメガジュペッタ+ゴチルゼルの組み合わせは強力でしたが、
その他にも「こんじょう」ローブシンとの相性の良さや、
「かげふみ」+「トリックルーム」でのドラミドロの制圧など、

このパーティならではの面白い動きができました。

長所
・相手の妨害が自陣の防御力に直結する為、1度有利な展開になれば安定行動から勝ち筋を維持しやすい
ゴーストタイプを誘うが、倒す手段が複数用意されている
「トリックルーム」を決める前の相手の攻めに対して、「かなしばり」が刺さる
・比較的相性補完がしっかりしており、全員の耐久値もそこそこあるので交代の選択が取りやすい

短所
じめん技が一貫していて、ローブシンに「ワイドガード」のスペースがない
・全員がすばやさの低いポケモン(純トリパ)であり、ゴチルゼルが苦手な相手が多くても選出から切りづらい
・「まもる」が読まれやすい中盤以降、妨害が上手く行えない時に思い切った読みが要求される場合がある

このパーティで使った技以外にもたくさんの変化技に恵まれているメガジュペッタです。
今回は、特にダブルバトルならではの活用法が紹介できたのではないでしょうか?
是非一度使って、その強さを体感してみて下さい!

それでは!ノシ

スポンサーサイト

【ORAS】ORAS新メガシンカinダブル!?メガハガネール編【ダブル パーティ】

 
こんにちは。WCSの放送を見て、ポケモンを改めてやりたくなりました。ギギアルです。

今回もORAS新メガシンカシリーズですね。で、主役なんですが、
208-megaevol_0.png 
出ました。メガハガネールです!
(注意:今回は長めの記事となっています!時間のある時にお読みください)


【はじめに】

まずはいつも通り軽く単体考察から。
種族値は75-125-230-55-95-30。
アタッカーとして十分なこうげき、飛び抜けて高いぼうぎょ、そして遅いすばやさが特徴です。
タイプは変わらず、はがね/じめん。特性は「すなのちから」になります。

まあこのステータスを見れば誰もが思いつくのは、「トリックルーム」との相性でしょう。
異常とも言える物理耐久を持ち、耐性の多さも相まってかなり場持ちが良いので、
トリックルームパーティのエースに適任といえます。

しかし、いざ普通に戦ってみると、「惜しい」の一言に尽きる結果でした。
恵まれた等倍範囲、全体技。しかしステータスが少し足りない印象です。
中でも火力不足に悩まされ、5ターンという限られた時間で相手を削りきることが厳しいのが実情です。

そこで、何か積み技はないものかと探してみることに。すると、「のろい」を習得すると判明。
「これで、相手の物理攻撃をほぼ無力化しつつ、火力を上げられる!」と思ったのですが…
これもあまり上手くいきませんでした。というより、「他でやった方が良い」という悲しい結論に。

さて、メガハガネールの個性を活かす為には
・高い物理耐久を有効活用する
・短いトリックルーム下で勝負を決められる火力を手に入れるコンボを使う
・相性のいいトリックルーム要員、サブアタッカーを使う

ことが必要だと分かりました。

悩んでいると、これらをまとめて解決してくれるポケモンがいました。
711-huge_0_20150822141535de3.png 
そう、パンプジンです。しかし、一体何故パンプジンが適任の相方なのでしょうか。
まずは、「トリックルーム」を覚える点です。当然ながら、意外と習得するポケモンは限られるので大事です。
そして、一番大事なのは「タネマシンガン」を習得できることです。

恐らく、閲覧されている多くの方々は首をかしげていることと思います。
しかし、この「タネマシンガン」こそが、メガハガネールを最大限活かすコンボに繋がるのです。
そのコンボとは、「いかり」+連続技です。

メガハガネールには、「のろい」しか有効な積み技がない、と当初思っていました。
しかし、この「いかり」は使い方によっては非常に強力なわざになり得るのです。
「いかり」は、使ってから次に自身が行動するまでに攻撃を受けた回数分、自身のこうげきが上昇する技です。
つまり、2回攻撃が当たればこうげきは2段階、4回なら4段階上がるということです。
そしてこれは「せいぎのこころ」と同じく、連続技には当たった回数分、効果がトリガーします。

もうお分かりいただけたでしょう。コンボは簡単です。
メガハガネールが「いかり」を使ってから次に行動するまでに、
味方のパンプジンが「タネマシンガン」をメガハガネールに使えば、
メガハガネールのこうげきが2~5段階上がります。

これは、「のろい」の1段階上昇とは比べ物にならない上げ幅となります。

そして、このコンボはもう1つ、メガハガネールの物理耐久を活かしているともいえます。
もし、パンプジンの「タネマシンガン」で大きくHPが減ってしまえば、コンボが安定するとは言えません。
しかし、メガハガネールは、1発あたり3.8~4.9%しかダメージを受けません(実数値にして7~9)。
5発すべてヒットしても、総ダメージは40前後。これでこうげきが5段階上昇すれば儲け物です。

更に、パンプジンは他にもサポートに長けた特性や技を持っています。
「おみとおし」で相手の持ち物を確認できるのは勿論強力ですし、
「おにび」「ひかりのかべ」で的確にメガハガネールを守ることができるのです。

しかし、1つ問題があります。パンプジンが「タネマシンガン」を「いかり」の後に使うこのコンボは、
すばやさ順を気にしなければなりません。最遅にしたパンプジンは実数値53。
対してメガハガネールは実数値31。これでは、トリックルーム下での行動順はメガハガネールが先です。

一見、「いかり」の直後に「タネマシンガン」が繋がり良いように見えますが、
この動きでは、そのターンは実質無防備という弱点があります。

では、どのような動きが理想と言えるのでしょうか。初手で有利対面と仮定して、
1ターン目:「いかり」→「トリックルーム」
2ターン目:「タネマシンガン」→メガハガネール攻撃

という動きが理想であると考えました。

この場合、すばやさ順はパンプジン<メガハガネールである必要があります。
そこで、パンプジンに「くろいてっきゅう」を持たせることでこれを解決します。
メガハガネール側のすばやさをパンプジンより早くすると、全体的にすばやさが上がり、
トリックルームミラーやメタに対して安定性が下がってしまうと判断してのこの解決策です。
しかも、「くろいてっきゅう」があれば、パンプジンの性格をすばやさを下げるものにする必要がない為、
こうげきを下げる性格にし、「タネマシンガン」の火力を抑えることができます。


そして、このコンボを軸として組んだパーティがこちら。


【パーティ紹介】208-megaevol_4.png 711-huge_4.png 248_4.png 598_4.png 373_4.png 479-wash_4.png 

208-megaevol_0.png 
ハガネール@ハガネールナイト がんじょう→すなのちから
ゆうかん H252A252D4
182-150-220-x-86-31 → 182-194-250-x-116-31
じしん/アイアンヘッド/いわなだれ/いかり

すなのちから+こうげき3段階↑状態のじしんはダブルダメージながらH252メガガルーラを確定1発。
圧倒的な火力を手に入れて、改めて耐久の高さによる場持ちの良さが活きます。
コンボ成功後は、ほぼ返されることなく試合を持って行けます。
まもるは非常に欲しかったですがいわなだれを切ることができず今回は不採用としました。


711-huge_0_20150822141535de3.png 
パンプジン@くろいてっきゅう おみとおし
おだやか H244B12D252
191-94-144-x-139-59
タネマシンガン/おにび/トリックルーム/ひかりのかべ

コンボの事以外では、耐久値の高さから、サポートがしやすいのが好印象です。
個人的に「色々なパーティにもっと入っていいのに!」と思う1体です。
ひかりのかべは読まれにくく、自身の行動回数も稼げるので良かったです。


248_0.png 
バンギラス@ラムのみ すなおこし
ゆうかん H252A252D4
207-204-130-x-121-59
かみくだく/いわなだれ/れいとうパンチ/まもる

ベーシックなトリックルーム下で動きやすいバンギラスです。
コンボの成功、失敗に関わらず、メガハガネールの火力を安定させる為にすなおこし要員で採用。
メガハガネールはおにびが通ってしまうと厳しくなるので対抗手段を、と思いラムのみを持たせます。
れいとうパンチはいかくを回してくる霊獣ランドロス用です。
専らパンプジンの後ろから出すので相性補完が優れているのも良かったです。
パーティ主軸が厳しいメガリザードンYに強いのもGOOD。


598_0_20150822141533e10.png 
ナットレイ@たべのこし てつのトゲ
なまいき H252B28D228
181-114-155-x-181-22
タネマシンガン/やどりぎのタネ/ジャイロボール/まもる

パンプジンと共にメガハガネールが出せなかった又はいかりコンボが決まらなかった場合のポケモン。
メガハガネールよりも遅く、タネマシンガンを使えるのは勿論、やどりぎのタネで詰めとしても役立ちます


373_0.png 
ボーマンダ@いのちのたま いかく
おくびょう H4C252S252
171-x-100-162-100-167
りゅうせいぐん/かえんほうしゃ/ハイドロポンプ/まもる

非トリックルーム下におけるメインアタッカーです。メガハガネール、バンギラスと相性補完が良く、
いかくができるので採用。トリックルームが切れるターンに後投げしたり、初手運用して相手を削ります。
攻め手を枯らさずに、こちらへのダメージを抑えられる優秀なポケモンだと感じました。


479-wash_0_20150815170233458.png 
ウォッシュロトム@オボンのみ ふゆう
ずぶとい H252B124C132
157-x-157-142-127-106
ハイドロポンプ/10まんボルト/おにび/ひかりのかべ

トリックルームの有無にかかわらず活躍が望める特殊アタッカーであり、サポートも兼ねます。
ひかりのかべとおにびの両採用によって、パンプジン同様のサポートができ、
且つメガハガネールの弱点であるほのお、みずポケモン両者に圧力がかけられます
後投げも非常にしやすく、パーティを上手く回せるキモとなっています。


【まとめ、使用感】

今までのORAS新メガシンカシリーズの中でも1番の実力があると思います!
ギミックも面白いし、普通にスタンとしても機能するこのパーティは穴も少なく、
相性補完をしっかり練った甲斐もあって、コンボが失敗しても負けには繋がらずに、
粘り強く戦うことができます。

更に成功した時のインパクトたるや。かっこよすぎです。
メガハガネールに惚れること間違いなし。
是非一度使ってみてはいかがでしょうか!


それでは~ノシ

【ORAS】ORAS新メガシンカinダブル!?メガジュカイン編【ダブル パーティ】


最近閲覧が増えありがたい限りです。ありがとうございます。ギギアルです。

今回はORASメガシンカシリーズの新作です!さて主役なんですが…

254-megaevol_0.png

メガジュカイン!君に決めた!

【はじめに】

まずはいつも通り軽くメガジュカインの紹介をば。

種族値は70-110-75-145-85-145

とくこう、すばやさが優れた値で、こうげきが次いで高いですね。

一方耐久面は低めです。しかし、実質こちらも相手のタイプによっては上昇したと言っていいでしょう。

タイプは元々くさ1つでしたが、メガシンカでくさ・ドラゴンとなり、耐性が変更されました。

みず、くさ、でんきが1/4に、ほのおが等倍になった一方、フェアリー、ドラゴンと新たに弱点も増えました。

耐久が高くないジュカインにとって、1/4のタイプがこれほどあれば、後投げもしやすくなります。

ただ、このタイプ追加の真の恩恵は、ズバリ「等倍範囲の拡大でしょう。

教え技「りゅうのはどう」とドラゴンタイプ追加によって、更に火力に磨きがかかったのです。

そして、とくせいは「ひらいしん」。これも、先ほど述べた「等倍範囲の拡大」に一役買っています。

意図的に発動させれば火力は跳ね上がり、持ち前の高速から圧力をかけることができます。

また、このとくせいは守りにも使うことができます。でんきタイプに弱い味方に対する強力な保護となるのです。

ここで、このメガジュカインのパートナーに相応しい条件をいくつか挙げていきましょう。

・こおり、ひこう、フェアリータイプの技に対する受けが厚い
・「ひらいしん」の発動を無理せず狙える
・でんきタイプには弱くてもよい
・すばやさ操作手段、または相手のそれに対する抵抗手段がある


この辺りでしょうか。

そして、上記を踏まえて、完成したパーティがこちらになります。

【パーティ紹介】254-megaevol_4.png 479-wash_4.png 130_4.png 473_4.png 642-therian_4.png 485_4.png 


254-megaevol_0.png 
ジュカイン@ジュカインナイト しんりょく→ひらいしん
ひかえめ H4C252S252
146-x-85-172-105-172 → 146-x-95-216-105-197
ギガドレイン/りゅうのはどう/ファストガード/まもる

主役。ひかえめだとメガゲンガーなどが抜けませんが、他のメンバーで対処します。
ちなみにメガシンカターンでもボーマンダは抜いていますので圧力がかけられます。
前述の通り等倍火力重視の構成で、ひらいしんを積極的に活かします。
火力上昇後の居座りがしやすいよう、ギガドレイン、まもるの他、ファストガードを採用しています。
ファストガードの採用理由としては、次のウォッシュロトムの項で説明します。


479-wash_0_20150815170233458.png 
ウォッシュロトム@こだわりスカーフ ふゆう
おくびょう H4C252S252
126-x-127-157-127-151
10まんボルト/ほうでん/ハイドロポンプ/おにび

縦、横ともにメガジュカインとの相性が良好。
こだわりスカーフ+ほうでんで、ひらいしんを発動させつつ、まひを狙います
いじっぱり霊獣ランドロスに抜かれないよう、おくびょうで最速。
ファイアローが相手の時、ジュカインがまもるだと、ほうでんでひらいしんが発動できません。
その為、ファストガードを採用しているのです。早急に倒したい場合はまもる+ハイドロポンプも。


130f_0.png 
ギャラドス@たべのこし いかく
いじっぱり H180A116B92D4S116
193-176-111-x-121-116
たきのぼり/ちょうはつ/でんじは/まもる

こちらもメガジュカインの相方として適任。
でんき技を誘いやすく、いかくによって読みを外しても損傷を減らすことができます。
また、でんじはで相手のおいかぜに、ちょうはつで相手のトリックルームに対処ができるのも良い点です。
更にでんじはは、ひらいしんの発動にも使うことができ火力補佐までこなす万能役です。誤作動注意。


473_0_20150815165445ba9.png 
マンムー@ラムのみ あついしぼう
いじっぱり H108A252B148
199-200-119-x-80-100
つららばり/じしん/いわなだれ/まもる

対でんきタイプをメガジュカインに一任せず、でんき、ひこう、こおり全てに強く出れるマンムーも採用。
択になる状況を生み出しづらく、安定した行動がとりやすくなる、パーティの潤滑油的存在です。
攻撃範囲と火力を優先した構成で、後投げを想定し耐久多めの努力値。先制おにびを考慮してラムのみです。


642-therian_0_201508151654487f6.png 
霊獣ボルトロス@いのちのたま ちくでん
おくびょう H4C252S252
155-x-90-197-100-168
10まんボルト/ほうでん/くさむすび/まもる

メガジュカイン以外にも多少すばやく、高火力で相手を縛ることができるポケモンとして採用。
ほうでんコンボはもちろん、ウォッシュロトムと組み合わせちくでんを活かすのもありです。
変えるならこの枠かも?と思ったこともありますが、火力が病みつきで離れがたいです。


485_0_201508151654466dc.png 
ヒードラン@とつげきチョッキ もらいび
ひかえめ H228C236S44
195-x-126-198-126-103
かえんほうしゃ/ラスターカノン/だいちのちから/げんしのちから

メガジュカインとの最高の相性補完。フェアリー、ドラゴン、こおりにひこう、何でもござれ。
対するこちらはみず、じめんに対して逃げることができます。
とつげきチョッキはどうしても特殊に対する後投げが増えたため採用。
ニンフィアのハイパーボイスは勿論、色々なポケモンのれいとうビームを何度も受けます。
メガゲンガーやギルガルド、ファイアローとその役割は対フェアリーに留まりません。
これらに多く負担をかける為、ひかえめの火力重視です。


【使用感、まとめ】

選出を慎重にすることで、かなり勝てるパーティだと感じました。

メガシンカしなければドラゴンタイプ、ひらいしんにはなれないので、先発運用したいところ。

なのですが、そこで隙を生んでしまうケースもあり少し難しいです。

一回ペースにはまれば、くさ+ドラゴン+でんきの範囲は広く、相手を次々なぎ倒す爽快なプレイができます。

個々の後投げがしやすい為、読みを大きく外さない限りは、チャンスは複数生まれるはずです。

また、今回一緒に採用した仲間は、攻撃防御ともにどれもメガジュカインと相性がいいものばかりです。

なので、横の相方、そして裏の補完をしっかり相手によって合わせることができるかが重要です。

ダブルバトルでこそその才能を十分に発揮できるといえるメガジュカインを、是非使ってみてください!

それでは~ノシ

【ORAS】ORAS新メガシンカinダブル!?メガヤドラン編【ダブル パーティ】


どうしてもヒトツキほど更新が空きます。ギギアルです。

さて、今回はORAS新規メガシンカシリーズ第3弾、メガヤドラン軸のパーティの紹介になります!


【はじめに】

まずは軽くメガヤドランについて。

080-megaevol_0.png 

このとぼけたフォルム、個人的にたまりませんね。かわいい。

種族値は95-75-180-130-80-30。

ぼうぎょはトップクラスであり、とくこうもアタッカーとして申し分ない数値です。

また、覚える技が非常に多彩であるのが大きな長所です。

攻撃面は「れいとうビーム」「かえんほうしゃ」から、補助は「トリックルーム」「でんじは」。

変わったところでは、「はらだいこ」なんかもできちゃったり。

(実際に、この記事を書く前に「はらだいこ」メガヤドラン軸のパーティを考えたのですが挫折しました)

で、何より「トリックルーム」が読まれやすい。その分集中されます。

いくらこの要塞のような固さでも、さすがに高火力を2~3発も当てられれば瀕死です。

そこで、今回のパーティでは、豊富な補助技を捨て、思い切ってアタッカー運用をすることとしました。

ここで次に考えるべきことは、

・でんきタイプに強いポケモンと並べる
・何らかの上から攻撃する手段を用意する
・メガヤドランはダブルのメジャー相手に火力調整をし、耐久を確保する


この辺りでしょうか。

1つ目と2つ目の問題は、なんと1匹のあるポケモンが同時に解決してくれました!

そのポケモンとは…

466_0.png 

ちょっと拍子抜けした方もいるのではないでしょうか。

エレキブルなんです。

まず、「でんきタイプに強い」の中でも、横に対するでんき技を防げるというのはメガヤドランの相方に最適です。

そうなると、「ひらいしん」のポケモンが真っ先に浮かびますよね。ライチュウとかライボルトとか。

しかし、これらのポケモンはすべて特殊型向きの種族値をしています。さらに、耐久値が低めで場持ちが良くないポケモンが多いです。

横の並びが特殊で固まるのは、特に火力が秀でている場合を除いて好ましい状況ではありません。

(ドサイドンは一考の余地がありますが、メガヤドランがみずタイプに対して有効打がない以上、
同時に並べるのは難しい場面もあると思い今回は採用を見送りました)

そして、辿り着いたのがこの「でんきエンジン」のエレキブルというわけです。

また、先程の「ひらいしん」のポケモンたちに比べ、「れいとうパンチ」でサンダーやボルトロスに有効打があり、

尚且つ「じしん」を習得する為、他のでんきタイプに対しても弱点を突くことができます。

(「でんきエンジン」では「ひらいしん」のように横に対するでんき技は防げないが、ヤドランの位置への後出しでの処理という意味です。
分かりづらい表現でしたね。申し訳ありませんでした)


そして、2つ目の問題である「上からの攻撃手段」には、「でんじは」があります。

「でんじは」の効かないでんき、じめんタイプに対し、エレキブルとメガヤドランはそれぞれ打点を持てるのがポイントです。

以上の点から、エレキブルがメガヤドランの横の相方としては適任と判断しました。

3つ目の問題については、↓のパーティ紹介で説明します。


【パーティ紹介】080-megaevol_4.png 466_4.png 210_4.png 628_4.png 635_4.png 212_4.png 


080-megaevol_0.png 
ヤドラン@ヤドランナイト さいせいりょく→シェルアーマー
ひかえめ H252B4C124D116S12
202-x-131-149-115-52 → 202-x-201-182-115-52
ねっとう/サイコキネシス/かえんほうしゃ/まもる

C:
ねっとうで165-100ランドロスを確定1発
かえんほうしゃで167-71ギルガルド(ブレードフォルム)を確定1発
サイコキネシスで221-145モロバレルがくろいヘドロ込で確定2発
H-D:222ギルガルドのシャドーボールが12.5%の乱数1発(14/16耐え)

攻撃的なメガヤドラン。主にランドロスやギルガルドに対して打ち勝てるようにしました。
れいとうビームよりねっとうを優先させたことによって、幅広い物理アタッカーに対応できます。
サイコキネシスはまひさせたメガゲンガーなどにも。すばやさ52はまひしたメガミミロップまで抜けます。


466_0.png 
エレキブル@オボンのみ でんきエンジン
わんぱく H252A4B212D4S36
182-144-125-x-103-120
でんじは/れいとうパンチ/じしん/まもる

S:でんきエンジン1回で111族(化身ボルトロス)+1

耐久を上げ、オボンのみを持たせることででんじはをバラ撒きやすくしました。


210_0.png 
グランブル@ゴツゴツメット いかく
わんぱく H204A4B252D44S4
191-141-139-x-86-66
じゃれつく/ばかぢから/でんじは/まもる

H:16n-1

メガガルーラやサザンドラに打ち負けない為のポケモンです。
グランブル自身もでんじはを習得するのも大きな採用理由です。
また、すばやさが遅いのでトリックルーム偽装の並びもできます。


628_0.png 
ウォーグル@こだわりスカーフ まけんき
いじっぱり A252D4S252
175-192-95-x-96-132
ブレイブバード/おんがえし/ばかぢから/とんぼがえり

H:16n-1
S:126族(ファイアロー)+3

いかくに対する牽制と、上記の3匹に一貫しているじめん技への耐性を兼ね備えたポケモン。
エレキブルとの相性も非常に良く、さまざまな相手に対してでんじはを打つ前に上をとることができます。
このパーティのポケモンは総じて耐久が高めで、とんぼがえりからの交代の選択肢が多いのも良い点です。


635_0.png 
サザンドラ@とつげきチョッキ ふゆう
ひかえめ H180C196S132
190-x-110-187-110-135
りゅうせいぐん/あくのはどう/だいちのちから/かえんほうしゃ

C:だいちのちからで193-128ヒードランを確定1発
S:70族(キノガッサなど)+1

ゲンガー、ギルガルド、ロトムなどの上記の4匹では対応しづらい場合が多いポケモンに対して強い点で採用しました。
後出しからの処理が求められる場合が多かった為、耐久を重視してとつげきチョッキを持たせました。
耐性の多さから想像以上に場持ちが良く、メガヤドランと共に詰めの手段としても役立ちました。


212_0_20150717183754acf.png 
ハッサム@いのちのたま テクニシャン
いじっぱり H188A252D68
169-200-120-x-109-85
バレットパンチ/むしくい/つるぎのまい/まもる

H:10n-1
A:バレットパンチで202-86ニンフィアを確定1発

ここまでフェアリー耐性が全く無く、後出しからのニンフィアの処理が難しかったのでハッサムを採用しました。
でんじはのおかげでふいうちを恐れずにバレットパンチが打て、またむしくいも汎用性が上がりました。
つるぎのまいをする余裕がなくてもニンフィアを討ち取れるようにいのちのたまを持たせました。


【使用感、まとめ】

普通に強い!削ってたらいつの間に全員縛ってるとかよくあります。

個々の相性補完に優れ、全体として高耐久でまとまっているこのパーティはとても扱いやすかったです。

その分火力は抜群に高いというわけではないので、2匹の力で集中して相手を落としたりするプレイングをよく使います。

ダブルならではのギミックもあり、準伝説ポケモンの厳選も必要ないので、これからダブルを始めてみようという方にオススメです!

この記事を見てメガヤドランのさまざまな可能性が伝われば幸いです。

それでは~。

【ORAS】雨パーティ初心者が考える!トノグドラ【ダブル パーティ】

 こんにちは。

たまにはまともな考察記事書けよって感じなんですよね。

なんで今回は割と分かりやすくも深い内容にしていきたい(願望)





【雨パーティって何ぞや?】

技「あまごい」や特性「あめふらし」を軸にするパーティを指す…はず。

まあレーティングでは並びの殆どが特性「あめふらし」のニョロトノ+特性「すいすい」のポケモン。

今回、考察する所謂トノグドラも、ニョロトノ+キングドラを軸とした代表的な雨パーティです。


【雨が降ってると普段とどう違うの?】


たくさんあるので、実用的なものから順にいくつかだけ。

・みずタイプ、ほのおタイプの技の威力がそれぞれ1.5倍、0.5倍になる。
・特性「すいすい」のポケモンのすばやさが2倍になる。
・特性「あめうけざら」「かんそうはだ」のポケモンのHPが毎ターンそれぞれ1/16、1/8回復する。
・特性「うるおいボディ」のポケモンの状態異常が毎ターン回復する。
・技「かみなり」「ぼうふう」が必ず当たる。


で、これで具体的にバトルにどういった変化が出るかというと、

・みずタイプの技の一貫性が上がる。みずタイプが弱点のポケモンが出しづらくなる。
・特性「よびみず」「ちょすい」などのポケモンを誘う。
・ほのおタイプが弱点のポケモンが動きやすくなる。ほのおタイプの技は使いづらくなる。
・「かみなり」「ぼうふう」といった高火力技が必ず当たる為、打ちやすくなる。
・特性「すいすい」のポケモンが高いすばやさで上から動けるようになる。


この辺でしょうか。

そして、これらの性質を活かすことが、雨パーティの基本になってい(ると個人的に思い)ます。


【トノグドラ、どこが強くてどこが弱点?】

ここからは、今回、雨パーティ初心者の私が考察した結果、完成したパーティの紹介をしつつ書きます。

まずは、具体的にトノグドラの2体の並びについてのみ。

186_0.png 
ニョロトノ

特性「あめふらし」によって、繰り出すだけで天候を雨にします。
種族値は90-75-75-90-100-70と平均的ながら、高めの耐久値を持っています。
個人的には、「オボンのみ」を持たせて繰り出し回数を増やし、天候を保ちやすくするサポート型か、
「こだわりスカーフ」を持たせて置物化を防ぎ、上から「ねっとう」「れいとうビーム」で攻撃する型がメジャー。


230_0.png 
キングドラ

特性「すいすい」と、みず・ドラゴンの優秀な複合タイプを合わせ持つ雨パーティのエース。
種族値は75-95-95-95-95-85。攻撃面は雨の補正も含めて十分ながら、耐久もそこそこあります。
火力をさらに引き出す「いのちのたま」やまひによるすばやさ低下を防ぐ「ラムのみ」でのアタッカー型が一般的でしょうか。


さて今回は、基本形とも言えるオボンのみニョロトノ+いのちのたまキングドラから構築をスタートします。

この2匹の時点での強みは、とにかく攻撃1回の火力が高く、それを天候の続く限り高いすばやさから放てる点に尽きます。

キングドラのハイドロポンプは凄まじく、ひかえめ+いのちのたま+雨の補正があれば181-120メガガルーラも43.8%の乱数1発。

しかし、この2匹だけでは厳しい相手も勿論多くいます。

例を挙げると、

・ニンフィア、マリルリなどの、とくぼうが高いorみずタイプの通らないフェアリータイプ
・モロバレル、メガフシギバナ、スイクン、トリトドンなどの、高耐久かつサポートに長けるみずタイプやくさタイプ
・ボルトロス、サンダーなどの、高火力かつすばやさ操作のできるでんきタイプ

辺りが特に苦戦を強いられると思います。

なので、残りの4枠には、前述の雨の利点を活かしつつ、上記のポケモンに具体的に対処ができるポケモンを採用していきます。


【パーティ紹介】

186_0.png 
ニョロトノ@オボンのみ あめふらし
ずぶとい H204B220C76D4S4
191-x-135-120-121-91
ねっとう/れいとうビーム/ほろびのうた/まもる
HP16n-1
雨+ねっとうで165-100霊獣ランドロスを確定

耐久を確保しつつ、霊獣ランドロス確定まで火力を上げたニョロトノ。
受けられるが有効打がない相手にもほろびのうたで対抗でき、かなり役立ちました。


230_0.png 
キングドラ@いのちのたま すいすい
ひかえめ H20C252S236
153-x-115-161-115-135
ハイドロポンプ/だくりゅう/りゅうせいぐん/まもる
すばやさ最速70族+1

ベーシックなキングドラ。圧倒的なすばやさと火力で相手を問答無用で落とします。
先制技と横の味方との攻撃範囲に注意して運用していけば、無類の強さを誇ります。


212-megaevol_0_20150604202447a24.png 
ハッサム@ハッサムナイト テクニシャン
いじっぱり H236A252B4D4S12
175-200-121-x-101-87 → 175-222-161-x-111-97
バレットパンチ/はねやすめ/おいかぜ/つるぎのまい
HP16n-1

雨によるほのお技の弱体化の恩恵を受けて、おいかぜやつるぎのまいで突破力を上げることができます。
また、トノグドラでは絶望的なニンフィアを叩くことができるのも優秀です。


034_0.png 
ニドキング@とつげきチョッキ ちからずく
ゆうかん H252A108B12C4D132
188-149-99-106-112-94
どくづき/だいちのちから/れいとうビーム/いわなだれ
どくづきで202-86ニンフィアを確定
れいとうビームで171-110メガボーマンダを確定
こだわりメガネニンフィアのダブルダメージ+フェアリースキン+ハイパーボイスを確定4耐え

両刀型にすることで、仮想敵であるニンフィア、ヒードラン、メガボーマンダ、ファイアローすべてに打点を持てます。
さらに、とつげきチョッキを持たせることででんきタイプに対する交代の後、めざめるパワー氷などでのダメージを減らせます。


398_0.png 
ムクホーク@こだわりスカーフ いかく
いじっぱり H4A252S252
161-189-90-x-80-152
すてみタックル/ブレイブバード/インファイト/とんぼがえり

雨パーティでは重くなりがちなモロバレルに対するポケモン。いかくと無効2つの優秀なタイプで後出しが非常にしやすいです。
ブレイブバードの火力も申し分なく、とんぼがえりからニョロトノに繋げて雨展開もできるので強いです。


 642-therian_0_20150604190938a75.png 
霊獣ボルトロス@こだわりメガネ ちくでん
おくびょう H4C252S252
155-x-90-197-100-168
かみなり/ボルトチェンジ/くさむすび/きあいだま

でんきタイプ対策2匹目+第2のエース。すばやさは並程度ですが、火力が何と言ってもすごいです。
雨パーティならではのかみなりで相手を一気に倒します。くさむすびでトリトドンなどにも強く雨との相性は抜群です。


【考察を終えて。】

今まで天候ギミックを使ったパーティをあまり作ってこなかったので、新鮮な気分でした。

純粋に上から相手に負担を押し付ける高火力も病み付きになります。

また、補完をしっかりすること、明確なメタを張ることの大切さも再認識できました。

トリックルームにやや薄い点を除けば、個人的には完成度の高いパーティになったのではないかと思います。



皆さんも是非1度、雨パーティを組んでみてはいかがでしょうか?

それでは!(最後までネタ無しでなんかすまんかった)

プロフィール

ギギアル

Author:ギギアル
ポケモンやってます。
全ルール楽しいヾ(*´∀`*)ノ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。