スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ORAS】ボルケニオン使ってみた!ポケセン伝説幻ダブル【公式大会 パーティ】


こんにちは。ギギアルです。

7/10(日)にポケモンセンターヨコハマで開催された、「白熱!伝説・幻ポケモンバトル!」に参加してきました!
今回は、そこで使用したパーティを、イベントの様子を交えて記事にしました。
イベントの詳しいルールは公式をチェックしてくださいね~


【はじめに】

さてこのルール、レーティング準拠のダブルバトルに加え、「(準伝説を含む)伝説または幻のポケモンをパーティに1匹以上入れる」「過去作から連れてきたポケモンも使用可能」のルールが特徴です。
つまり、幻ポケモンを公式の場で活躍させることのできる数少ないチャンス…
ってことは、今が旬のアイツしかいないよなあ!?

721_0.png<遂に俺の出番だ!

知名度微妙すぎるけどねキミ。俺は好きだよ。デザインとかタイプとか遅さとか。
という訳で、今回は映画より一足先にボルケニオンを活躍させるべく、パーティを考えました!

まずはボルケニオンの自己紹介から始めます。
タイプはほのお/みず。初めての組み合わせですね。
種族値は80-110-120-130-90-70。うーん。
なんというか、合計600とはいえちょっと配分が勿体無い気も。
すばやさはともかく、HPがもう少し高ければって感じ。
ただ、ボルケニオンの長所はここからです!
まずは特性「ちょすい」。かなり強力だと思います。知られてないし。
これによって、こおり、みず共に耐性を持ち、「かみなり」を持たないカイオーガに対してかなり強く立ち回ることができます。
更に、専用技「スチームバースト」は威力110、命中95で3割やけどのハイスペックみず技!
「ねっとう」の強さは明らかなものだし、これが弱いわけがないですね。

この長所を現在の環境に合わせて使うには
・微妙な等倍火力を補う
・遅いすばやさを補う
この2点が特に重要だと感じました。
また、パーティを組む際は当然のことながら、ダークライやアルセウス、ゼルネアス、天候特性トリオあたりの流行りに対抗できるような要素を多く盛り込みました。イージーウィンはさせたくない(自分はしたい)。
以上を踏まえて組んだパーティがこちら。

【パーティ紹介】
721_4.png 717_4.png 382-megaevol_4.png 384-megaevol_4.png 115-megaevol_4_201607122329037d5.png 678_4.png 

721_0.png 
ボルケニオン@オボンのみ
ちょすい れいせい
H252C252D4
187-x-140-200-111-67
スチームバースト/かえんほうしゃ
めざめるパワー(こおり)/まもる

なんで「れいとうビーム」覚えないんですかね(諦め)。
それでも今回は十分に活躍してくれたと思います。
「スチームバースト」はやけどを引けなくても高火力ですし、カイオーガやゼルネアスに耐性を持ちながら、レックウザやグラードンに対して有効打を持っているというのは非常に優れているといえます。
後述の「トリックルーム」と合わせて、上記の相手に対して優位に試合を進めていきます。
「オボンのみ」はある程度の攻撃を受けても相手の「しんそく」圏外にHPを置く為に持たせました。
結果、実質の耐久が大きく上がりタイマン性能の向上にも繋がりました。


717_0_20160711233342d25.png 
イベルタル@たべのこし
ダークオーラ わんぱく
H188B196S124
225-152-154-x-118-135
イカサマ/ふいうち
はねやすめ/おいかぜ

大きく耐久面に配分したイベルタルです。
「イカサマ」によってグラードン、レックウザに対して強く、「おいかぜ」でのすばやさ操作は、全体として中速のポケモンが多くを占めるこのパーティに最適でした。
自身の耐久もそこそこなので、行動回数が多く保証されているのもサポートに長けている理由です。


382-megaevol_0.png 
カイオーガ@あいいろのたま
あめふらし→はじまりのうみ ひかえめ
H236C252S20
205-x-110-222-160-113→205-x-110-255-180-113
しおふき/ねっとう
れいとうビーム/まもる

「おいかぜ」「トリックルーム」と相性が良い耐久ベースのカイオーガです。
「しおふき」でのイージーウィンは勿論、後出しからの天候奪取によってボルケニオンの補佐も可能です。
「はじまりのうみ」は通常の雨とは異なり、カイオーガの退場と共に無くなる為、「かえんほうしゃ」との兼ね合いも特に問題はありませんでした。


384-megaevol_0.png 
レックウザ@いのちのたま
エアロック→デルタストリーム ようき
H4A252S252
181-202-110-x-110-161→181-232-120-x-120-183
ガリョウテンセイ/たきのぼり
しんそく/まもる

天候奪取要員かつ火力として採用。
後述のガルーラとは同時選出も良く行っていましたが、相手の動きによってメガシンカを選べば問題なく動けます。
「たきのぼり」はグラードンへの有効打としてです。また、「しんそく」の縛り性能の高さはやはり優秀です。
特にこのパーティは先制技を意識して多く採用していることもあり、相手の行動を制限しやすい印象でした。


115-megaevol_0_20160712232901e65.png 
ガルーラ@ガルーラナイト
きもったま→おやこあい いじっぱり
H252A252S4
212-161-100-x-100-111→212-194-120-x-120-121
すてみタックル/ねこだまし
ふいうち/けたぐり

こちらもベーシックな重火力ガルーラです。
豊富なすばやさ操作と高い縛り性能によって非常に動きやすく、また1回の行動で相手を追い込むことができます。
「ねこだまし」は後述のニャオニクスや他のメンバーの行動保証に大きく役立ち、安定性の向上に繋がりました。


678_0_20160712232903c5b.png 
ニャオニクス@ひかりのねんど
いたずらごころ ずぶとい
H252B252D4
181-x-140-x-102-124
ひかりのかべ/トリックルーム
しんぴのまもり/てだすけ

ドーブルやダークライの対策として採用です。
「しんぴのまもり」以外にも、「トリックルーム」によるすばやさ操作や、耐久、火力面の補佐など、置物になる場面が少なく、十分に仕事ができました
特に「てだすけ」は、全体として高火力技が多く採用されているこのパーティの等倍火力を大きく引き上げ、相手の早期突破に繋がりました


【まとめ、使用感】

結果としては、当日のイベント中、ユーザーの方々とのバトルで7勝2敗(ooxooxooo)と中々良い戦績で終えることができました!
また、3勝ボーナスとして、ポケモンセンターヨコハマのスタッフの方と対戦させて頂きました!!
こちらも勝利し、景品たくさんゲットしましたw
スタッフの方がポケモンXD限定の「このゆびとまれ」エレブーを使っていたのでビックリしました。
対戦した皆さんにこの場を借りてお礼申し上げます、対戦ありがとうございました!

さて、肝心のボルケニオンですが…
活躍しました!!すごいぞ頑張ったぞ~
「スチームバースト」のやけどは殆ど引けませんでしたが、それでも高火力と独自の耐性を活かし、他の伝説ポケモンに引けを取らない活躍を見せました。さすが幻!

ということで、結果も構築も大満足なものとなりました!
今後も定期的にポケモンセンターの大会に参加していく予定です!

それではノシ

スポンサーサイト

【ORAS】ジョウトオープン!カイマリニド+α 最終92位 レート1762【公式大会 パーティ】

 
こんにちは。ギギアルです。
今回は公式大会であるジョウトオープンの構築記事です。


【はじめに】

まずは、ジョウトオープンのルールを簡単に。
・カントー、ジョウト地方のポケモンのみ参加可能
・シングル6350
過去作産あり

中でも3つめが重要で、クラウン3犬などが使用可能ですね。
また、「めざめるパワー」などの所持率も上がると予想できます。

さて、タイトルにもありますが先に結果から。
最終結果は全体92位!まさか2桁とは思いませんでしたウレシー
戦績も28勝9敗、レート1762と自分としてはかなり満足です!


それではようやく本題。
今回私が勝手に流行ると思っていたポケモンは
・雨パーティ(ニョロトノ、キングドラ、オムスター)
・受けループ(ラッキー、エアームド、バンギラス)
・広範囲アタッカー(ヘラクロス、ニドキング)
・積みアタッカー(マリルリ、ハッサム、カイリュー、パルシェン)
・各種でんきタイプ(ライコウ、サンダー、ランターン、サンダース)

この辺りです。

なので、そこに対してのメタを重点的に貼ったパーティを組みました。
具体的にどのような対策を取ったかは下の個別解説で。



【パーティ紹介】
068_4.png184_4.png034_4.png091_4.png212_4_201606082314442dd.png145_4.png
※ポイントとなる点は太字です。


068_0.png
カイリキー@とつげきチョッキ ノーガード
いじっぱり H204A252S52
191-200-100-x-105-82
ばくれつパンチ/どくづき/れいとうパンチ/はたきおとす
H:16n-1
S:無振りバンギラス+1

私が環境考察した際に、真っ先に頭に浮かんだポケモンです。
範囲の広さ、かくとう技の環境における一貫性が大きな特徴です。
また、「ばくれつパンチ」と「はたきおとす」の2枠で受けループを突破できます。
「れいとうパンチ」はカイリューやニドキングに一貫する為に採用です。
そして、今回はアクセントとして、「どくづき」を採用しました。
これは、相手のマリルリの「はらだいこ」を許さない為です。
このパーティは相手の積みポケモンに対する処理を、積まれた後にし辛いという欠点があります。
なので、より多くの対面で積み技を作る隙を相手に与えないことを意識し、技を採用しました。
すばやさはミラー対決やバンギラスを意識してかなり多めに配分しました。


184_0.png
マリルリ@オボンのみ ちからもち
いじっぱり H228A244B4D12S20
204-111-101-x-102-73
たきのぼり/アクアジェット/じゃれつく/はらだいこ
H:2n
D:B+1

特筆するべき点はないごく普通のマリルリです。
本当に環境に良く刺さっていました。文句なしのトップメタだと思います。
「はらだいこ」のチャンスを多く生み出せる耐性、一致技の一貫が圧巻です。
厳しい相手を挙げることが困難なほどのタイマン性能、抜き性能の高さでした。
他のメンバーとの相性補完がしっかりしていた事が活躍の要因ですかね。


034_0_20160608231355171.png
ニドキング@いのちのたま
ちからずく ひかえめ H212B4C252D28S12
183-x-98-150-99-107
ヘドロウェーブ/だいちのちから/れいとうビーム/つのドリル
D:B+1

圧倒的な広範囲を持つアタッカーです。
環境ではすばやさを高くした配分が多かったようですが、私は耐久を重視しました。
これは、「こだわりメガネ」を持つライコウの「じんつうりき」を確定で耐える為です。
この配分によって対でんきタイプ性能が格段に上がりました。
また副産物としてカイリューなどにも強くなれる耐久を確保できました。
火力を引き上げる配分や持ち物にしたのは、「ヘドロウェーブ」の一貫性を強める為です。
例えば、ライコウ、エンテイ、カイリューといったメンバーが相手だった場合を考えます。
ライコウ相手に「だいちのちから」を選択する場合、カイリューの「マルチスケイル」を潰せません。
かえって「れいとうビーム」では、ライコウが居座ってきた場合に倒しきれません。
こういった場面で、火力を引き上げた一致技が活きてきます。
また、「つのドリル」を採用することで、ラッキーやピクシーに有利に立ち回ることが可能です。
「どくどく」「でんじは」やフェアリー技に耐性を持ち、後出しが容易なニドキングとこの技は好相性でした。


091_0.png
パルシェン@ラムのみ
スキルリンク いじっぱり H140A252B4D28S84
143-161-201-x-69-101
つららばり/こおりのつぶて/ロックブラスト/からをやぶる
H:16n-1
S:無振り80族+1、ランク2↑で最速130族+2

バランスの取れた配分のパルシェンです。カイリューを後出しから確実に処理できます。
あくまで「からをやぶる」は余裕が生まれた時や読み切れるタイミングのみ使います。
主としては物理ポケモンとの殴り合いを役割としてサイクル戦に参加します。
また、特徴としては「ラムのみ」を持たせています。この選択はかなり良かったと思います。
対エンテイ性能の向上は勿論、「でんじは」を無力化して積むことが可能です。
「きあいのタスキ」が有名ゆえに状態異常の的となるパルシェンにはとても相性がいい持ち物でした。


212f_0.png
ハッサム@ゴツゴツメット テクニシャン
いじっぱり H252A252B4
177-200-121-x-100-85
とんぼがえり/バレットパンチ/はねやすめ/つるぎのまい

攻撃的な配分のハッサムです。しかし、技構成と持ち物に工夫があります。
「とんぼがえり」は後述のサンダーと合わせてサイクル戦を展開する為の採用です。
「バレットパンチ」も当然ですが、「はねやすめ」を持つにしては耐久に配分していません。
これは、サイクル戦の中で、積み技を必要とせずに高速で相手にダメージを与える為です。
いじっぱりの最高火力にゴツゴツメットの定数ダメージが加わり、負担を大きくできます。
更に、「つるぎのまい」の後の火力にも期待がより持てます。よってこの配分です。
また、「ゴツゴツメット」は対マリルリ、カイリュー性能を大きく向上させてくれました。


145_0.png
サンダー@たべのこし プレッシャー
ひかえめ H188B4C200S116
189-x-106-187-110-135
(個体値:31-1-31-30-30-31)
ボルトチェンジ/はねやすめ/ねっぷう/めざめるパワー(じめん)
C:11n
S:最速70族+1

恐らく、今回最も個性的な枠になったと思います。
ハッサムと合わせて「はねやすめ」を持つことでサイクル戦の持久力が大幅に向上します。
範囲と火力を維持する為「ボルトチェンジ」「ねっぷう」は当然ですが、問題は4枠目です。
この環境では、こちらのサンダーをでんきタイプで見ている型のパーティがとても多いと考えました。
事実、サンダー対策がサンダース、ライコウ、ランターンであるパーティは非常に多かったです。
そこで、対でんきタイプ、ニドキング性能を持たせる技として「めざめるパワー(じめん)」を採用しました。
事実、この採用は大きく環境に刺さり、それに「たべのこし」ともともと高い耐久、「はねやすめ」を加えた結果、
でんきタイプの打ち合いをかなり有利に運ぶことができました。
受けるダメージ量によって相手の持ち物がわかり、その後の展開もスムーズに進み、
またライコウ対面で初手から交代というリスキーな選択を取ることなく、「みがわり」を許さない為とても便利でした。



【まとめ、使用感】

一言でいうと、とにかく強かったに尽きます!
環境に良く噛み合った構築ができ、またプレイングもそこそこ良いものに仕上がり満足です。
これといった弱点が思いつかないほど穴の少ないパーティで、使いやすかったです。
一手一手にリスキーな読みを要求されなくて済むよう設計した甲斐あり、安定した戦績でした。
自分で考えた要素(カイリキー、ニドキング、サンダーの技構成やパルシェン、ハッサムの持ち物など)が、
いずれも環境で活躍できるものとなり、嬉しく思います。
シングルバトルには苦手意識があるので、少し自信の付く結果になりました。
これに慢心せず、より精進していきたいと思います!


質問、感想等ありましたらコメントお願いします!
それでは~ノシ

【ORAS】戦う!ピカチュウ大会チュウ! 私的要注意ポケモン【ダブル 大会考察】

 
こんにちは。特に前置きもなく始めます。寝る前にメモ用。

当人は出ませんが、参加される方の助けになれば…

あ、ルールなんですけど、6450ダブル、でんきタイプの禁止伝説、準伝説を除くポケモンのというものです。



【要注意ポケモン】



S

181-megaevol_0.png
圧倒的耐性。間違いなくトップメタ。対策がメガデンリュウというアレ。
かたやぶりなので、きあいだまでがんじょう+でんじふゆうのジバコイルもラクラク。
ヒートロトム対策にめざめるパワー地面を覚えさせるのもアリ。
基本的にりゅうのはどうで全て対処可能という万能ぶり。Sは68ぐらい振ってごまかそう(てきとう)


466_0_201508032307584c5.png
物理アタッカーとなるとコイツ。他はレントラーかシビルドンかはたまたライチュウか。
じしんの一貫がとんでもないので基本ワンウエポンでいい気がする。
個人的には後述のエモンガとメガデンリュウ両者に対応できるれいとうパンチが候補。
同族マッチングの際にみがわりを持っておくと良し。ロトムのおにびもかわせるし。


A

695_0.png
晴れギミックからのサンパワーに、ウォッシュロトムに強く出せるかんそうはだ。優秀なハイパーボイス。
変わり種では、そうでんという技があるのですが、他の方の記事などを拝見すると結構認知度は高いみたい。
全国ダブル、トリプルで使おうとした身にとっては結構なじみある技です。
りゅうのはどうでメガデンリュウに対してちょっとは打点になるか…!?




026_0.png
ねこだましを習得し、アンコールでまもるを安定行動にさせない。
自らアタッカーとなれる最低限の火力はあり、かわらわりなどの物理わざも候補。
優秀なサブウエポンのくさむすびは今回需要なしなので、めざめるパワー地面になるか。


479-wash_0.png 479-megaevol_0.png 
479-heat_0_20150803233007b56.png 479-frost_0.png 
どれでもおk。パーティに合わせて。おにびがエレキブルストッパーになれるか。
こだわりメガネもいい。トリックは一考の余地あり。
スピンとかいうのは知らない。


B

310_0.png
こだわりメガネでゴリ押す型が強いか。こちらもすりかえあり。
めざめるパワー地面の他、オーバーヒートでカット、フロストロトムに打点。

587_0.png
地味に今大会かなり危惧。エレキブルとの組み合わせが最高。
きあいのタスキ+おいかぜ+アンコール。弱いはずがない。
上位狙いの方々が好んで使用しそうなイージーウィン構築にはピッタリ。強い。
仕事をさせてしまったら、耐えるか、降参。

604_0.png
物理アタッカーになれて、浮いている。それだけで採用理由。
耐久も低くない。かえんほうしゃで範囲も充実。
鈍足だが等倍火力に難ありか。



【要注意わざ】

・めざめるパワー地面:みんなが覚えてる。

・アンコール:ライチュウ、エモンガを見たら。

・ひかりのかべ:かなり覚える。物理打点が少なく、エレキブルの価値が上がるのはこれのせいもある。

・かわらわり:上の対策。

・だいばくはつ:ジバコイル、マルマインを見たら。ワイドガードはない。

・バークアウト:ライボルトなど。上から火力低下を余儀なくされジリ貧とならないように。

・うそなき:上の逆。サンダースなど。速めに勝負を決めることができそう。

・その他タイプ一致高火力:気づいたら一貫してないかチェック。



こんなとこですかね。

何か思いついたら更新していきます。

眠いいいい。おやすみ。
プロフィール

ギギアル

Author:ギギアル
ポケモンやってます。
全ルール楽しいヾ(*´∀`*)ノ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。